CHECK

喫煙ボックスとは?会社や店舗に導入する前に知っておきたい豆知識を紹介

このサイトでは、喫煙ボックスとは何か会社や店舗に導入する前に知っておきたい豆知識を紹介してます。
受動喫煙を防止するときに最適で、換気性能も高いので清潔なことも説明します。
喫煙ブースを店内や社内へ設置するときに、たばこの煙の排気方法は屋外と屋内循環の2種類があり、効果的な分煙対策には厚生労働省は屋外を推奨してます。
ただ、ガイドラインが出来たころと比べて、空気清浄機の技術も上がってきていて煙草の臭い・一酸化炭素などを基準値以下に抑えられる製品も増えてます。

喫煙ボックスとは?会社や店舗に導入する前に知っておきたい豆知識を紹介

喫煙ボックスの導入するときに知っておきたい豆知識として、屋外排気の場合は単純に外へ煙を排出するというものではありません。
喫煙所の内部へ気流を設けて効果的に内部の空気を換気出来るようにする、屋外へ排気するときも出来るだけ煙の臭い・有害成分が取り除かれた状態にすることです。
室内で煙草の粉塵を捕集すると排気量も減らせます。
屋外の喫煙ボックスを使いだとガイドラインに沿った分煙対策になっていて、排気設備のフィルター交換などのメンテナンス費やランニングコストが殆どかかりません。

喫煙ボックスは飲食店の分煙対策になる

健康増進法の大きな目的のひとつに、受動喫煙をなくすことがあげられます。
それまでは喫煙者はマナーを守りさえすれば、喫煙する場所を必要以上に問われることはありませんでした。
しかし、法律で喫煙する場所や時間帯などが定められることになり、喫煙者にとっては肩身の狭い思いをすることになったのです。
特に飲食を主たる目的とした店舗等では、非喫煙者は煙や臭いから解放されたのですからその影響は小さくありません。
また、副流煙による健康の阻害も知られており、少なくとも禁煙タイムを設定する必要が出てきたのです。
飲食店側からすれば来店される客層に、喫煙者は決して少なくなかったため他の方法も講じる必要もありました。
そこで取り入れられたのが喫煙ボックスであり、設置することで店全体を禁煙にする必要はなくなりました。
小さな店舗では喫煙者も非喫煙者にも、その設置で安心して来店してもらえるのです。
喫煙ボックスは飲食店の、分煙対策としては最適な物です。

喫煙ボックスには一人用やお洒落なタイプもある

タバコを吸うスペースという課題を抱えるのが現代、その解消のためにもあらゆるタイプの喫煙ボックスがメーカーから―登場をしています。
少し前までは何となく仕切られているという、デザイン性などはほとんど重視されない仕切りのようなイメージもありました。
ところが世の中からの需要が高まるにつれて、ニーズに応えられる商品も増えてきています。
探してみると一人用もありますし、センスの良いお洒落なタイプもあるのが現状です。
ネーミング通りにタバコさえ吸うことができればいいという印象は、もはや消え去りました。
誰にも邪魔されることなくひとりで思う存分喫煙したい人にとって、一人用は自分だけのスペースとなり心地よいことこの上ありません。
またお洒落な喫煙ボックスも人気が高く、男性だけではなく女性も利用がしやすくなります。
素敵な場所で一服するのは気分も良いもの、せっかくならデザイン性も高くて綺麗な場所の方が、タバコの味わいも上がるというものです。

喫煙ボックスは自作することも可能

喫煙者向けに開発された喫煙ボックスというものがありますが、この設備はメーカーが存在しているので依頼する方法もありますが、自作でも作ることは決して難しい範囲ではありません。
戸建て住宅にお住いの方で屋内での喫煙をせずに敷地内に喫煙ボックスを作る場合、会社の敷地内に設置をしたい場合では日曜大工やDIYを得意としている方からすると簡単に作ることは可能です。
その方法は基礎部分はコンクリート製のタイルを用い、その上に木材で柱と梁をネジで固定してから窓部分はガラスではなくアクリル板を利用する方法であれば普通のインパクトドライバーで簡単に固定できます。
背面は合板やOSB板で貼り合わせ、出入り口には木枠を作ってドア式にする方法であればDIYの範囲としては簡単な作業になります。
注意点はあり購入する喫煙システムはテーブル型やカウンター型などがありますが、事前にサイズを確認した上で喫煙ボックスの出入り口のサイズを決めないと搬入することはできません。
屋根は木材で背面に傾斜を付ける方法は簡単ですが、腐食しないように波状の屋根資材を固定すると完璧です。

喫煙ボックスは置くだけで設置が完了

2020年4月より改正健康増進法が施行されました。
これは学校や病院などは禁煙でそれ以外の施設は喫煙室をもうけなければなりません。
施設の管理者は受動喫煙対策が義務付けられており違反者は罰金を支払うことになります。
しかしすでに建設されている建物に新たに部屋を作ることは、工事費などから考えても費用がかかります。
そこで喫煙ボックスを設置することで費用をおさえて簡単に利用することができます。
喫煙ボックスは一人用もあり簡単に設置をすることができます。
建物の排気と接続しているので改正健康増進法の基準もクリアしています。
また助成金を活用することができるので導入にはコスト削減でき価格をおさえることができます。
これがあることによってたばこを吸いたい人は吸うことができ、副流煙からの害を防ぎたい人はたばこの煙を吸わずにすみます。
これで受動喫煙の被害をおさえることができ、まわりにいる人の健康を守ることにつながります。

喫煙ボックスに関する情報サイト
喫煙ボックスの豆知識

このサイトでは、喫煙ボックスとは何か会社や店舗に導入する前に知っておきたい豆知識を紹介してます。受動喫煙を防止するときに最適で、換気性能も高いので清潔なことも説明します。喫煙ブースを店内や社内へ設置するときに、たばこの煙の排気方法は屋外と屋内循環の2種類があり、効果的な分煙対策には厚生労働省は屋外を推奨してます。ただ、ガイドラインが出来たころと比べて、空気清浄機の技術も上がってきていて煙草の臭い・一酸化炭素などを基準値以下に抑えられる製品も増えてます。

Search